電話番号 082-543-6477
携帯電話番号 080-2948-0021

〒730-0051
広島県広島市中区大手町2-5-11-802

広島市 中区 歯科医院 インプラント治療・審美歯科なら広島県広島市中区 田中歯科

診療方針

症例集学会発表講演活動出張インプラント出張インプラント実績料金表
Mobile Site

左のQRコードを携帯電話から読取ってご覧ください。

全国で3人しかいない、公認コンシェルジュが田中歯科にはいます。

※H25.5現在

ご自身の【歯】に自信がなく、歯医者さんに見せるのも恥ずかしいと思ったことはありませんか? 田中歯科ではまず専属のコンシェルジュがあなたの歯の悩みをしっかりと伺わせていただきます。 現在、首都圏を中心にそういったクリニックが少しずつ増えており、田中歯科では広島でも、 より身近に歯科医院とお付き合いをして欲しいと願っています。

コンシェルジュ・スタートが田中歯科スタイル

<噛む力・歯の悩みの克服が仕事への自信に繋がります>
歯に係わるご相談から治療終了まで、期間を通じて診療のパートナー遠慮なくお電話下さい。当院では医師の代わりにさまざまな悩みや相談を聞き、医師に伝える専門的な知識を持ったコンシェルジュがいます。

三次元CTの詳細データを、ご自信の眼でお確かめ下さい。今の状態を正しく知ることが、治療の第一歩です。この情報を基に、ご希望を伺いながらカウンセリングを行っています。

社会の一線で活躍される年代に、歯の悩みはつきものですね。時間やきっかけに恵まれず、いつかは・・・とお考えでしょうか?正しい噛み合わせと清潔な口腔環境を整え、さあ、まだまだこれからです。

私たちは、高品質なインプラント医療をご提供いたします。

私達は、これからの歯科医療を、単に悪くなった歯の対処治療に留まらず、生活全体の質の向上につながる役割を担うものと捉え、機能的・精神的な満足を提供すべきであると考えています。

それには、口腔の機能回復とその健康維持とともに、審美的要素も含めたトータルな治療が必要になります。

そのためには、患者様とのコミュニケーションを大切にし、充分にご希望を伺い、一人一人のニーズに合せた治療法をご提案し、話し合いの上で安心して治療を受けて頂けるように治療方針を決定していきます。

健康な歯は、少しでも削りたくないものです。

  • しっかり噛める
  • しっかり喋れる
  • 自信をもって笑える

田中歯科ではQuality of lifeを提唱し「健康な歯で豊かな人生を…」と願っております。

インプラントは1本19万円です。

インプラント治療には保険が適用されません。
当院では、一般的に1本30万円と言われているインプラント手術費を19万円でご提供いたします。
虫歯ではない両隣の歯を削るブリッジよりも、インプラントというより良い治療を、より施術しやすい金額で患者様にご提供できれば、と考えたからです。
また、より多くの患者様にインプラント治療を知って頂き、インプラントの裾野を広げるためには、施術しやすい金額でのご提供が欠かせないと考えました。

「患者様に満足して頂けるインプラント治療」を徹底して行うためには、そのための設備を揃えなければなりません。
インプラント治療を成功に導くために、様々な角度からの診断・検査が可能な最新パノラマ型CTを導入致しました。
顎の骨の少ない場所にインプラントを植立させるために、インプラントを植立させる周りに、しっかりとした骨を造らなければなりません。
早く骨を造り、患者様が安心して噛めるようにするにはどうしたら良いか、と考えました。

私たちは、自分の血液で骨造成を行う再生医療技術を取り入れています。

P.R.P骨再生療法とは?

ご自分の血液の中の血小板を使って骨を再生させる療法です。

血中に含まれる血小板および成長因子を含む血漿を遠心分離により採取するもので、この成長因子の働きにより血小板骨芽細胞を多数作り、骨増生が促進されます。

細胞を根本から元気に再生させます。インプラントの周りに骨芽細胞を増殖させ、ゆっくりと若返らせ、インプラントと骨の結合をより強固にします。

当院では、この方法をいち早く取り入れました。

  • 患者様ご本人の血液を使用するため、採血を行います。

  • それを遠心分離機にかけ、血小板を取り出します。
    この間10分程度です。

  • 血小板を抽出し、インプラントを植立する際には、患者様ご自身の血小板を利用します。

この方法により、骨芽細胞を増殖させインプラントの周りにしっかりとした骨を造ることに成功しています。現在では、全ての患者様にこの方法を取り入れています。
患者様ご自身の血液を採取するため、B型肝炎・C型肝炎エイズなど、恐ろしい病気からも感染を防ぐことができます。
このP.R.P骨再生療法は、次世代の主流となる施術と言われています。

専門の麻酔医による全身麻酔で、安心して手術を受けて頂けます。


広島大学附属病院 歯科麻酔専門医
麻酔学助教授  入船先生

日頃から心がけているテーマである「患者様の不安を少しでもなくしたい。」これを実現するため、

  • 手術室は待合室隣の一番景色の良い所に配置し、来院された患者様には、まず明るく清潔な手術室を見て頂こう!
  • 手術室の内装は無機質なイメージではなく、重厚な木目調のインテリアにして、患者様にリラックスして頂こう!
  • そして、どうしても手術がご心配な患者様には、専門の麻酔医(広島大学付属病院麻酔科)と一緒に、全身麻酔で安心して手術を受けて頂こう!

これからの世の中は、どのように変化していくか分かりません。患者様のご希望もより細分化していくでしょう。
当院ではインプラント手術だけではなく、周りの歯と区別がつかないほど自然の歯に近いかぶせ冠を作ることができます。
審美(審美歯科)、噛み合わせにも重点を置いた診療を行っています。

多数歯欠損症

ふとした時に気になる口もと。
笑顔からこぼれる美しい歯は、魅力そのもの。

  • 術前のレントゲン写真

    術前のお顔の写真

  • 術後のレントゲン写真

    術後のお顔の写真

  • 術前のレントゲン写真

    術前のレントゲン写真

  • 術後のレントゲン写真

    術後のレントゲン写真
    上顎12本、下顎6本インプラントを植立

  • 術前のレントゲン写真

    術前の口腔内写真

  • 術後のレントゲン写真

    術後の口腔内写真

だんだん歯が抜けて、入れ歯が少しずつ大きくなってきました。もうこれ以上、歯を抜きたくありません。
他の歯科医院で「骨が無いからインプラント手術ができない。残った歯を削ってブリッジにしなさい。」と言われましたが、歯を削らないで治療できる方法があると聞いて、当院へ来院されました。

上顎の骨の無い所に骨を造り、上下18本のインプラントを植立しました。

私たちは、見た目も美しいインプラントをご提供いたします。

右側左側

この患者様は、虫歯になっていたのに、歯医者さんに行くのが怖くてそのままにしていたら、歯が腐っていきました。
前歯と下左右の奥歯に大きな虫歯があります。
下左右の奥歯は抜歯した後、インプラントを植立しました。
前歯は陶歯(金属の上から陶材を焼き付けた人工の歯)をかぶせて治療しました。

  • 術前のレントゲン写真

    術前のレントゲン写真

  • 術後のレントゲン写真

    術後のレントゲン写真
    前歯4本を陶歯に、下顎にインプラントを2本植立

術後の口腔内写真です。あなたはどの歯を治療したか、見分けがつきますか?

  • インプラント術後の口腔内写真

    術後の口腔内写真
    前歯4本を陶歯に、下顎にインプラントを2本植立

  • インプラント術後の口腔内写真

前歯および側切歯の欠損症例です。インプラントの上にメタルボンド(陶材)のかぶせ冠を入れ、自然の歯茎を再現しました。
今はこのようにどこにインプラントを入れたのか、どれがかぶせた冠か、まったく見分けが付かないように審美的に治療することが可能です。

インプラントについてさらに詳しく

ページトップへ