電話番号 082-543-6477
携帯電話番号 080-2948-0021

〒730-0051
広島県広島市中区大手町2-5-11-802

広島市 中区 歯科医院 インプラント治療・審美歯科なら広島県広島市中区 田中歯科

インプラントとは?

Mobile Site

左のQRコードを携帯電話から読取ってご覧ください。

インプラントとは?メリット・デメリット

歯を失った時に

入れ歯にしますか?ブリッジにしますか?
それとも第3の治療法として、よく耳にするようになりました。
インプラントを検討してみるのも良いかもしれません。

インプラント治療を検討している方はぜひ参考にしてください。

インプラントとブリッジの違い

ブリッジは健康な両サイドの歯を削ります。
そして、その歯の上につながった被せ冠をします。
 

(真中が欠損)


(両サイドを削合)


(ブリッジ装着)

インプラントは健康な歯を削りません。
チタン(金属)を骨に埋め込みます。
金属の上に被せ冠をします。

(真中が欠損)


(インプラント埋入)


(かぶせ冠)

インプラントのメリット

  • 自分の歯と同様に咀嚼可能
    インプラントの最大のメリットは、自分の歯と同じように咀嚼(そしゃく)できることです。
  • 自分で行なうケアが簡単
    インプラントは術後に定期的なメンテナンスが必要になりますが、セルフケアは通常の歯と同じような歯磨きで大丈夫です。
  • 周囲の健康な歯を守れる
    インプラントは人工歯根を1本1本埋め込むため、それぞれが独立した歯となります。
    ブリッジや入れ歯のように、周囲の歯を削ったり負担がかかったりすることはありません。
  • 丈夫で長持ち
    インプラントは、おもにチタンやチタン合金という金属で作られています。
    この金属は生体親和性に優れ、あごの骨としっかり結合するため、強く噛みしめても耐えられる強度があります。
  • 見た目がきれい
    口元の印象は歯によって大きく左右します。
    インプラントなら見た目も天然の歯と同じようにきれいになり、会話や飲食の際に口を開くことに抵抗を感じないでしょう。
  • 骨が痩せるのを防げる
    インプラント治療はあごの骨に人工歯根を埋め込むため、咀嚼すると骨まで刺激が伝わります。
    日々咀嚼して刺激を与えると、あごの骨の健康を保てるのです。

インプラントのデメリット

  • 保険がきかないため高額になる
    通常のインプラントは基本的に健康保険がききません。
    自費診療となるため、治療費は他の治療法と比べると高額になります。
  • 治療期間が長い
    インプラントの治療期間は個々の症状によって異なりますが、約3~6ヵ月です。
  • 定期的なメンテナンスが必要
    手術後も定期的にメンテナンスに通い、インプラント周囲炎を予防することが必要です。
  • 麻酔下での手術が必要
    インプラント埋入手術は、麻酔をともなった手術です。
    麻酔を安全に行なうため、身体の状態が良くないと手術を受けることはできません。

インプラントのリスク

大きく分けて3つの事柄が挙げられます。

  • 口腔内(顎骨内、及び近く)には動脈が走行しています。
    動脈をドリル等で傷つけると、大きな出血の原因となります。

  • インプラントは外科手術です。
    下顎には、下顎管の中に神経が通っています。
    上顎には、上顎洞があります。
    手術時に下顎管に触れると下歯槽神経損傷、麻痺が起こります。
    手術時に上顎洞を破ることがあります。

    アゴの動き

    上顎洞の位置

    神経の分布図

  • 手術後の炎症
    痛み、腫脹(腫れた感じ)、発赤(手術部が赤くなる)、発熱等が発生する場合があります。
    抗生剤投与、消炎剤投与等で炎症は収まります(一時的なもの)。

田中歯科では、これらのリスク:副作用を防ぐために

カウンセリングルームの設置:患者さんと納得のいくまでお話をさせて頂いています。
患者さんの口腔内のCT、レントゲン結果を一緒に見ながら納得されるまで何度もカウンセリング致します。

事故を防ぐためにデンタルレントゲン、パノラマレントゲン、CTの撮影を行い精査しています。
下顎管の位置、上顎洞の状態、骨密度等を精査します。

手術時には必ず生体マイオモニター(心電図モニター)等を装着します。
患者さんの状態をチェックしながら施術致します。
患者さんが怖がりの方には、笑気ガスを使用する事もできます。
場合によっては、全身麻酔(静脈鎮静法)の基に施術出来ます。

ページトップへ